弁護士に依頼するメリット

未払いの残業代請求を弁護士に依頼するメリットについて、ご紹介します。未払い残業代請求は、法律問題です。ゆえに、適切な請求のためには、法的な専門知識が必要となります。弁護士に依頼するメリットは、ご自分で労働基準法や民法などの知識を、勉強する必要がなくなりますので、時間や手間を省くことができるということです。会社側との交渉も代理してくれますので、ご自分だけで対応する必要がないということも、メリットとして挙げられます。

未払いの残業代について、労働基準監督署に申告するという方法もあります。この場合、費用がかからないということが、メリットとして挙げられます。ただし、労働基準監督署には、強制的に回収するという機能がないため、会社側が任意に残業代を支払っていない場合には、裁判を起こす必要が出てきます。したがって、あらかじめ裁判になることがはっきりと予測できる場合には、最初から弁護士に依頼された方が、解決は早くなります。

残業代請求専門の弁護士

残業代などの割増賃金の計算は、非常に複雑な部分があるというのが現状です。法律だけでなく、過去の判例や通達の知識なども必要となってきます。会社側は、労働問題に詳しい担当者が対応する場合も多く、会社側も弁護士に依頼するケースも存在します。そういった場合、会社側と対等に交渉するためには、法律の専門家に依頼することが必要となってきます。前述しましたように、会社側と直接交渉しなくてもよいため、精神的なストレスが減少するというメリットもあります。