深夜残業手当の未払い

深夜残業とは夜の10時を超える部分に発生する残業であり、基本的に1.5の掛け率で残業を行う事となっていて、普段の残業が1.25ですので更に0.25アップと言った形式となります。そこを考えてみれば、夜の10時以降の残業に関しては、体にも負担のかかる事も多く、労働者の立場から言えば、この労働が続くとかなり問題も多くなります。

会社側としてもしっかりとその辺りを考えて勤務させなければ体にも負担がかかる事となります。労働者の体の負担を考えて出来るだけ深夜残業を行わない方針の会社も少なくない状況で、基本的に残業にしても労働者の数を増やして行く事で対応したり、派遣社員やアルバイトなどで繁忙期を乗り切ると言った事となれば、残業に関しては多少は少なくなる事は考えられます。

残業代請求の相談件数3,000件以上の実績!

そう言った労働者の事も会社としては考えて置かなければ、もし体を壊して仕事のし過ぎを指摘されて労災となれば、会社にもかなりのペナルティーが与えられる事となります。労働条件をしっかりと見直しながら、企業としても雇用の部分を考えなければ、労働者の健康管理にも目を光らせる必要もあります。

年に一度の定期健康診断などで、有所見が見つかった人なども、素早く病院で再検査を行ったりする事で、少しは病気などを予防出来る事となる為、そう言った所もやはり会社として勤務してもらう方の健康管理を考えて、深夜残業を余りさせ過ぎない様に労働者の仕事の配分を考えて行く事が求められていきます。
【残業代の未払いの最新記事】