残業代請求は自分でやるか、弁護士に依頼するか

先に結論から述べると、弁護士に相談しておいた方が無難ではあります。ただ、絶対に弁護士を雇わないと残業代請求しても払ってもらえないかというと、そういう訳ではないです。そうした残業代の不払いを行うような会社は、その行為が違法であることを承知の上で行っている可能性が高いです。

労働者が法律に無知であったり、隙をついてそうした行為を行っているとみておいた方が良いです。そのために、そうした残業代請求が行われる事態に備えている事もあります。残業代請求を行う時には、労働者が違法である事をまずは証明する必要が出てきます。私が証言しているんだから正しい、なんて言い分は通用しないために、残業代が不払いであるという客観的な証拠を掴む必要があります。客観的な証拠を掴むとなると、自分で全てを用意するのは大変です。

残業代請求専門の弁護士

例えば、タイムカードの打刻などは証拠になりますが、あらかじめ残業をさせる時には前もってきちんと定時に帰らせているように見せるために、タイムカードを打刻させたりしている場合があります。また、管理監督者である場合は残業代の支払いが不要であるために、名ばかり管理職がニュースでも問題になりましたが、そうした理由を付けて残業代の支払いを拒む事も考えられます。

色々な事態を想定すると、一般的な労働者では残業代請求をしても言い逃れされてしまう可能性も大きいです。弁護士ならば法律のプロであるし、そうした事態に対応して慣れているという弁護士もおります。自分でも行動する事は大切な事ですが、一人で行う事には限界があります。
【弁護士の最新記事】