消費者金融の変化

消費者金融は、少し前まではサラリーマンローンいわゆるサラ金とも言われていましたが、この時代の消費者金融における、融資に対する金利は、一般の銀行などよりも高い金利に設定されていまして、これが広く世間で用いられてきました。

この一般よりも高い金利は、金融機関が法律に基づいて判断して設定していたのですが、これは他者にお金を貸す場合の法律として、2つの解釈があったためで、こうした金利をグレーゾーン金利と言います。具体的には、グレーゾーンというくらいですから、1つの法律に合致しないのですが、もう1つの法律では認められている範囲なのです。

しかしグレーゾーン金利は、返済する人にとっては、返済するお金が大きくなりますので、これを解消するために、こうした金利に関して指導する立場にある金融庁は、このグレーゾーン金利を事実上なくすことを決めたのです。

この金融庁の決定は、これまでこの金利で営業をしていた消費者金融にとって、とても大きな変化でした。また裁判においても、一定期間であれば、以前にグレーゾーン金利で支払った分を、金融機関が払い戻すことを認められるようになりました。

そこで消費者金融は、さまざまな営業形態の変化をするようになりました。
典型的なものとして、より高い金利で営業が出来て、経営が安定させることが出来る銀行の傘下に、たくさんの消費者金融が合併をするようになったのです。

また、銀行としても営業範囲の拡大に繋がったので、結果的にお金を借りる人はもちろんですが、銀行にも消費者金融にも利益となっています。
【過払い金請求の最新記事】