弁護士による過払い金請求

過払い金請求を行うときに、弁護士に依頼をしている人がいます。このような専門家に過払い金請求をするメリットはいくつかあります。まずは貸金業者への取引履歴の取り寄せを簡単に行うことができます。これは今まで実際にどのような取引を行っていたのかについて貸金業者に依頼をするということになりますが、取引窓口に関して専門家は知っているので、簡単に取引履歴を取り寄せることができます。

またこの取引履歴をもとにして引き直し計算をする必要がありますが、これが正確です。初めてこの作業を行うという場合には少し難しくなってしまいます。しかし弁護士は利息制限法に引き直しを行うという作業を行っているので、正確に早く行うことができます。

またこのほかのメリットとしては、業者ごとの個別の対応をすることができます。貸金業者のなかには過払い金の返還請求を訴訟で行った方がいいところや、裁判までは起こさなくてもよいという業者などさまざまです。

専門家はたくさんの事例を取り扱っているので、このような個別の業者に対しての対処法をしっかりと把握しています。このほかには業者が主張する反論に対して再反論をすることができます。貸金業者は少しでも不利にならないようにさまざまな反論をしてきます。みなし弁済や取引の分断や時効や過去の取引履歴の廃棄などの方法をとってきます。

このような貸金業者の主張に上手に対応するためには弁護士の力が必要になります。自分で行うと言うことも可能ですが、これらの手続きに関してはやはり専門家に依頼をするという法が安心です。その際には早めに相談をするようにします。
【残業代の未払いの最新記事】